カド番の大関・豪栄道が小結・御嶽海を豪快に裏返して4勝2敗とした。突っ張ってきた御嶽海に、なかなかまわしに手が届かない。そこで左に体を開いていなしにいった。これがうまくはまり、崩された御嶽海が振り向きざまに左上手をとって投げてきたところで、逆に右を深く入れて下手投げで仕留めた。


 先場所は6日目から休場。「今場所の土俵でカンを戻すのが一番」と、ようやくかみ合ってきた相撲に、手応えを口にした。
閉じる
続きを表示する