大関獲りの高安は玉鷲に一方的に押し出され、初日からの連勝が5で止まった。立ち遅れる形となり、右のかち上げをおっつけられると上体が起き上がってしまった。

 この日の朝稽古後には「受け身になるのが一番よくない。相手にペースを握られないこと」と話していたが、立ち合いの失敗が命取りになった。これで玉鷲との対戦成績は6勝7敗。悔しい結果となり、取組後の支度部屋では無言を貫いた。

スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する