バスケットボール男子のNCAAトーナメント(全米大学選手権)で準優勝したゴンザガ大1年の八村塁(19)が都内で帰国会見を行い「夢のNBAに近づいてきていると思います」と自信たっぷりに語った。

 日本人として初めて出場したNCAAトーナメントについては「甲子園よりはるかに凄いと思う。国全体が注目している大会に出られたことはいい経験になった」と振り返った。今後は7月のU―19W杯(カイロ)に向けて調整する。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する