浜松市は2日、2020年東京五輪・パラリンピックで、ブラジル選手団の事前キャンプが同市で実施されると明らかにした。ブラジル・オリンピック委員会(BOC)などと覚書を締結した。今後、具体的な競技や施設を調整する。


 浜松市は、BOCと6月に、ブラジル・パラリンピック委員会と8月に事前キャンプに関する覚書を結んだ。浜松市にはブラジル人居住者が多く、キャンプを通じ、友好関係を深めるのが狙い。

 同市の鈴木康友市長は「浜松とブラジルの強い結び付きが結果につながった。選手団のために最大限の環境づくりをしたい」とのコメントを出した。(速報)
閉じる
続きを表示する