日馬富士は立ち合いを急ぎ過ぎた。相手は馬力のある琴奨菊。当たり負けしないように、素早く立とうとしたんだろうけど、突っかけるような形になってしまった。それで、本人は立ち合い不成立だと思ったんだろうね。でも、自分から手をついて立っている以上、勝負は成立する。気合が空回りした感じだったね。


 一方の琴奨菊は低い姿勢で当たっていって、前傾姿勢の角度も良かった。頭が横綱の胸の辺りにあったからね。先場所まではケガの影響もあって力を出し切れない時もあったけど、今場所は十分に動けている印象。大関、横綱を相手に勝ち続けていくことで、気持ちもどんどん前向きになっていくだろうし、何より優勝を経験している実力者だからね。怖い存在になりそうだよ。(元大関・栃東)
閉じる
続きを表示する