結びで審判長を務めた藤島親方(元大関・武双山)は、敗れた日馬富士について「昨日の相撲で流れがおかしくなっている。(昨日は)もったいなかった」と分析。敗れた大関・照ノ富士にも「足が出ていない」と指摘した。


 ただ一方で、今後については「ここから巻き返してくるんじゃないですか。そんなに優勝は簡単じゃない。いつもよりはラインは下がってくると思う」と予想を展開。波乱続きの今場所には「いかに今まで安定した人がいたかということ」と話した。
閉じる
続きを表示する