平幕・北勝富士(25=八角部屋)が日馬富士を寄り切り、先場所の鶴竜戦に続く通算2個目の金星を獲得した。

 激しい立ち合いで、脳振とうに見舞われたという。それでも意識が飛んだ後の“自動運転”状態でも、攻められながら体を入れ替えて逆転した。支度部屋では「あまり覚えていない。どういう相撲だったんですか」と報道陣に逆質問。それでも初めて結びで勝ったことに「うれしいっすね」と素直に喜んだ。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する