平幕・琴奨菊(33=佐渡ケ嶽部屋)が関脇・嘉風を破り初日から4連勝を飾った。

 立ち合いは嘉風の方が踏み込んだが、下がりながら左を差して踏ん張れる態勢を作り、右からの小手投げで逆転した。「嘉風は(なかなか)落ちないから。あの形で対応できたのは一つの自信になる」と胸を張った。


 押された場面にも「それほどあわてなかった」。今場所は不利になってもバタバタせずに、落ち着いている。

 気持ちのバランスを意識して、好結果につなげている。「カシっとした方がいいのか、どよん、とした方がいいのか。気持ちだけで勝てるのか。バランスです」と独特の言い回しで土俵に臨むメンタルを表現。

 ちなみに、4連勝を決めた嘉風戦の直後の心境は「どよん」。中盤へ向けて「これからカシっ、というものに変わっていかないとアカン」と、心理的パワーに余力があると言わんばかり。優勝争いの先頭集団を引っ張りながら、ギアを上げていく。
閉じる
続きを表示する