公務員ランナーが衝撃の告白だ。今年8月のロンドン陸上世界選手権男子マラソン代表の川内優輝(埼玉県庁)が13日夜、同大会以来の実戦となる16日のオスロマラソン出場のため、成田空港からノルウェーへ向けて出発した。


 9日には日本学生対校選手権(福井)の男子100メートル決勝で、桐生祥秀(東洋大)が日本勢で初めて10秒台の壁を破る9秒98の日本新記録をマーク。お茶の間の話題を独占する出来事に「凄いですよね。(新聞の)紙面も1面を独占して」と話した川内は、自身の持ちタイムについては「13秒9です」と告白した。

 タイムは「一昨日計った」最新のもので、「2本計った。しかもスパイクを履いた。結構ガチで走って13秒9だったので…。正直ちょっと、本当にやばいなと思いました」とショックを受けた様子。専門外の短距離とはいえ、14秒台をわずかコンマ1秒上回っただけのタイムに、不甲斐なさを感じている様子だった。

 世界選手権後は“ロンドンロス”になり、帰国してから約2週間は練習にも身が入らなかったという。「体重もリバウンドして66キロ。体脂肪率も13・2%。これからまたしっかりやっていかないと」と心のねじを巻き直し、復帰レースの行われる異国へと旅立った。
閉じる
続きを表示する