24年五輪にパリ、28年にロスを同時決定 IOC総会

2017年09月14日 03:14

五輪

24年五輪にパリ、28年にロスを同時決定 IOC総会
夏季五輪の開催都市に決まり、国際オリンピック委員会のバッハ会長と笑顔を見せる24年パリのイダルゴ市長(左)と28年ロサンゼルスのガーセッティ市長(右)=13日、リマ Photo By ゲッティ=共同
 国際オリンピック委員会(IOC)は13日、リマで総会を開き、2024年夏季五輪の開催都市をパリ、28年大会はロサンゼルスとすることを正式に決めた。2大会同時決定は五輪招致の深刻な冷え込みを受けた異例の措置。パリは100年ぶり、ロスは44年ぶりで、ともにロンドンと並ぶ最多3度目の開催になる。IOCによると、IOC委員の挙手により満場一致で決まった。

 20年東京五輪の次の夏季大会となる24年五輪の招致はパリとロスを含む5都市が立候補したが、財政負担に対する住民の反発などでローマ、ハンブルク(ドイツ)、ブダペストが相次ぎ撤退。22年冬季五輪招致に続いて2都市しか残らなかった。IOCは通常、大会7年前に開催都市を選んできたが、開催能力の高いパリ、ロスの両方を確保するため、7月の臨時総会で同時決定案を承認。その後、ロスが28年大会の開催を受け入れた。

 夏季五輪開催都市の同時決定は、1921年の総会で24年パリ、28年アムステルダム両大会を決めて以来96年ぶり。

 バッハ会長は「この歴史的な2大会同時決定はIOCと両都市にとってウィン、ウィン、ウィンの状況だ」と歓迎した。

 パリはエッフェル塔周辺やシャンゼリゼ通りなどの観光名所が競技会場となる計画が特徴的で、ロスは会場の97%が既存または仮設でコスト削減を実現する。(共同)
続きを表示

おすすめテーマ

2017年09月14日のニュース

五輪のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム