先週のインディ女子インテック選手権で30位に入るなど、最近4試合連続で予選通過と調子を上げている上原彩子(33=モスバーガー)は「ショットは良くなった。パットの感覚も良いので、かみ合えば良いスコアが出るのではないかと思う」と手応えを口にした。


 同じ沖縄出身でジュニア時代から知っている宮里藍の引退試合だけに特別な感慨もある。「一番の思い出は藍ちゃんと(横峯)さくらちゃんと3人で参加した釜山のアジア大会。合宿して一緒にご飯食べて、練習して楽しかった。藍ちゃんは当時から超しっかりしていて皆を引っ張ってくれた」と懐かしそうに話した。

 ツアーからいなくなる寂しさはあるが「ゴルフ界にとって彼女の存在は大きい。次のステージでも活躍できる。悲しいというより楽しみ」と第二の人生での飛躍にも期待していた。
閉じる
続きを表示する