スピードスケートのナショナルチームが10日、長野市エムウエーブで練習を公開。女子中長距離のエース高木美帆(23=日体大助手)は「スピードが出るようになった。それをどううまく使えるか」と収穫と課題を口にした。


 9月の北海道帯広市での記録会では、非公認ながら1500メートルで自身の国内最高記録を上回る1分55秒95をマーク。それでも「タイムが出たから今年は絶対いける、というような感じではなかった」という。より効率を上げた滑りを求める中での結果を日本協会の黒岩彰強化副部長は「完璧に近いペース配分を体が覚えているのでは」と評した。

 20日からは同リンクで、平昌五輪シーズン初戦となる全日本距離別選手権が始まる。「継続的にタイムを出すために、まだ良くできる部分がある」とさらなる高みを見据えた。
閉じる
続きを表示する