石川は弱気の虫が顔を出した。1番パー4では300ヤードを超えるティーショットで狭いフェアウエーをとらえバーディー発進。ところが徐々に切れがなくなり、8番パー4では第1打を右に大きく曲げOBでダブルボギー。14ホール中、12ホールで1Wを使い、フェアウエーキープ率は50%。61位と大きく出遅れた。「1番のティーショットは無心で振れたけど、8番で悪いのが出て、弱気な部分があった。自分を信じられなかった」。


 2オーバーという結果に表情は硬かったが、初日としては今季最多の4383人のギャラリーを集め、16番では華麗なロブショットを披露。見せ場もつくった。「今日はアメリカでうまくいかなかった理由が皆さんに伝わったと思う。ここからどう立て直すか」。2日目のチャージに期待だ。
閉じる
続きを表示する