小平 本職外1500で2位、笑顔見せ「最後まで崩れなかった」

2017年10月21日 05:30

スピードスケート

小平 本職外1500で2位、笑顔見せ「最後まで崩れなかった」
全日本距離別女子1500メートル 2位の小平の滑走 Photo By 共同
 【スピードスケート 全日本距離別選手権第1日 ( 2017年10月20日    長野市・エムウエーブ )】 女子短距離のエース小平が本職外の1500メートルで気を吐いた。300メートルを全選手トップの25秒30で通過。「滑りが最後まで崩れないで良かった」と1分57秒87の2位でフィニッシュした。小さいガッツポーズを見せ、「まさか2位でこられるとは。今季初レースにしては良かった」と白い歯を見せた。

 レース前には、同じ結城匡啓(まさひろ)コーチの下で指導を受ける山中大地が500メートルで初優勝。仲間の活躍に「鳥肌が立った。自分たちがやってきていることが間違ってない」と再確認。自信をつけて、21日は平昌五輪で金メダルを狙う500メートルに臨む。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年10月21日のニュース

スピードスケートのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム