トランポリン世界選手権男子代表・伊藤 東京五輪で代表引退へ

2017年10月28日 05:30

トランポリン

 トランポリンの世界選手権(11月9日開幕、ブルガリア)の男子代表・伊藤正樹(28=東栄住宅)が27日、20年東京五輪での代表引退を明言した。

 28日で自国開催の大舞台開幕まで1000日。12年ロンドン4位、16年リオデジャネイロ6位の28歳は「日の丸を背負うのは東京が最後。絶対に出たい」と話した。この日、都内で行われた世界選手権への公開試技会は腰痛の影響で回避。「世界選手権に合わせるため跳びたい気持ちを抑えてやっている」と説明した。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年10月28日のニュース

トランポリンのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム