北朝鮮、フィギュアで平昌五輪への参加意思伝える 韓国SBSテレビが報じる

2017年10月31日 09:40

フィギュアスケート

 フィギュアスケートのペアで2018年平昌冬季五輪出場枠を獲得した北朝鮮が、同五輪への参加意思を国際スケート連盟に伝えたと30日、韓国のSBSテレビが報じた。大韓体育会関係者の話として伝えた。

 ペアのリョム・テオク選手、キム・ジュシク選手が9月の五輪予選を兼ねた大会で、全競技を通じて初めて出場枠を手にした。北朝鮮の核・ミサイル開発で周辺国との緊張は高まっており、平昌五輪に参加するかが注目されている。(共同)
続きを表示

おすすめテーマ

2017年10月31日のニュース

フィギュアスケートのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム