有希圧勝、沙羅に大差 気合のテレマークで師匠とアベックV

2017年11月06日 05:30

ジャンプ

有希圧勝、沙羅に大差 気合のテレマークで師匠とアベックV
NHK杯最終日 表彰式で笑顔の(左から)2位の高梨沙羅、優勝した伊藤有希、3位の岩渕香里 Photo By 共同
 【ノルディックスキー ジャンプ全日本選手権最終日兼NHK杯 ( 2017年11月5日    札幌市大倉山ジャンプ競技場 ヒルサイズ=HS134メートル )】 NHK杯の女子は伊藤が2位の高梨に34・2点の大差をつけて初優勝。「冬前最後のジャンプを楽しもうと思った。気持ちよく飛べた」と笑った。

着地が乱れた4日の試合後には“師匠”の葛西から「テレマークを入れろよ」と指導を受け、伊藤は「普段あまり言われないので、これは一大事だ!!と思った。ランディングの時に(葛西)監督の顔が浮かんだ」と気合でテレマークを入れたという。その師匠とのアベックV。弾みをつけ、五輪シーズンに挑む。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月06日のニュース

ジャンプのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム