太陽誘電 エース藤田が意地の連投、アボットに投げ勝った

2017年11月06日 05:30

ソフトボール

 【第50回日本女子ソフトボール1部リーグ(スポーツニッポン新聞社後援)決勝トーナメント   決勝 太陽誘電0―3ビックカメラ高崎 ( 2017年11月5日    ナゴヤドーム )】 決勝では、この日2試合目の登板となる太陽誘電・藤田が3失点。打線も上野の前に4安打と沈黙した。2年連続の準優勝だが、準決勝では昨年の決勝で敗れたトヨタ自動車に雪辱。山路監督は「結果は同じ2位だが、初めてアボットに勝てた。ステップアップにつなげていきたい」。2日間で3試合、21回を投げ抜いた藤田も「来年、優勝するために何が必要かを考えて取り組んでいきたい」と前を向いた。

 ▼トヨタ自動車中西あかね監督 選手はよく頑張った。勝たせられなかったのは私の責任。バッテリーは自分たちのできることを精いっぱいやってくれた。打線が藤田投手をうまく攻略できなかった。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月06日のニュース

ソフトボールのランキング

特集

【楽天】オススメアイテム