北島氏ら韓国で聖火リレー「気持ちよく走れた」平昌開幕まで3カ月

2017年11月09日 23:53

五輪

北島氏ら韓国で聖火リレー「気持ちよく走れた」平昌開幕まで3カ月
平昌冬季五輪の聖火リレーに参加した北島康介氏(右)と白石阿島選手=9日、韓国・蔚山 Photo By 共同
 2018年平昌冬季五輪の開幕まで3カ月となった9日、韓国南東部の蔚山で行われた聖火リレーに競泳男子平泳ぎで04年アテネ、08年北京両五輪2冠の北島康介氏が登場した。日が暮れた午後6時(日本時間同)すぎ、白を基調としたウエアをまとってトーチを掲げ、沿道の観客に手を振りながら約200メートルをゆっくりと走った。

 北京五輪以来となるランナーを務めた北島氏は契約する日本コカ・コーラを通じ「とても気持ちよく走れた。20年東京五輪の聖火リレーも、今からすごく楽しみ」と感想を述べた。

 北島氏からトーチの火を引き継いだのは、スポーツクライミング女子のホープで両親が日本人の白石阿島選手(16)=米国。終始にこやかな表情で役目を果たし「レジェンド(北島氏)からトーチを受け取ったことは、絶対に忘れません」とコメントした。(共同)
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月09日のニュース

五輪のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム