JOC副会長が平昌五輪の選手団団長就任 元駐仏大使・斎藤氏

2017年11月10日 05:30

五輪

 日本オリンピック委員会(JOC)が、来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪の日本選手団団長に元駐フランス大使の斎藤泰雄副会長を、総監督には日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長を充てる方向で調整していることが9日、関係者の話で分かった。15日のJOC理事会で正式に決まる。

 斎藤氏は7月にJOC副会長に就任。国際専門部会長も務める。選手強化本部常任委員の伊東氏は2014年ソチ五輪でも総監督を務めた。副団長には山下泰裕選手強化本部長が検討されている。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月10日のニュース

五輪のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム