【玉ノ井親方評論】貴景勝 付いた「馬力」を横綱戦で証明

2017年11月14日 08:58

相撲

【玉ノ井親方評論】貴景勝 付いた「馬力」を横綱戦で証明
貴景勝の押し出しに屈した日馬富士 Photo By スポニチ
 【大相撲九州場所2日目 ( 2017年11月13日    福岡国際センター )】 貴景勝は確実に馬力を付けてきた。横綱を相手に立ち合いの当たりは五分。当たった後にさらに低い姿勢から2度、3度と押し込んだ。左手が相手のはずに入って、最後はもろ手で押し出すような形になった。完勝といえる内容だった。場所前の巡業では、十分に稽古ができていたし、横綱にその圧力が通用することを証明した一番となった。先場所優勝した日馬富士を一方的に押し切って勝てたことは、大きな自信になったはず。きょう3日目の白鵬戦でどのような相撲を取るのか楽しみになってきた。

 日馬富士は全く体が動いていない。立ち合いで当たりには行っているが、上体と下半身がマッチしていない。足がほとんど動いておらず、攻める動きができていないのが気がかりだ。(元大関・栃東)
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月14日のニュース

相撲のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム