年6場所制以後最少の年間最多勝確定 御嶽海、日馬に並んだ

2017年11月15日 05:30

相撲

 【大相撲九州場所3日目 ( 2017年11月14日    福岡国際センター )】 今年の年間勝利数が47でトップだった日馬富士が休場したことで、1992年の貴花田の60勝に届く力士がいなくなり、年6場所制となった58年以降最少の年間最多勝となることが決まった。

この日、47勝に並んだのが関脇・御嶽海。琴奨菊をすくい投げで転がした。横綱、大関以外が年間最多勝に輝けば、92年の貴花田以来だが「全然思ってもいない。勝つのみ」と意識はしていなかった。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月15日のニュース

相撲のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム